6. BUDWEISER

6. BUDWEISER 1985年 478×675mm リトグラフ 額装価格: 750,000(税別)

ミズーリ州セント・ルイスで初めて出会った出来事が思い出される。セント・ルイスの大通りで、大きな音を立てたジャンク寸前のフルサイズのセダンが、信号 待ちしているぼく達の横に止まった。黒人が、4人乗車しているが、様子が普通ではない。目がトロけそうに白くうつろで、歯は歯グキもいっしょにさらけ出し て笑っている。高らかに笑うのではなく、だらしなくしゃくっている。クスリだろう。真昼間からコカインかそれに類する麻薬が4人の体内と脳を廻っているの だろう。「スサミ・ストリート」ぼくのアメリカ取材のコーディネーターをしてくれているKenのつくった造語だ、セント・ルイスのダウンタウンのすさみは ひどい。ニューヨークのサウス・ブロンクスに良く似ていて、窓ガラスのない家や商店が軒を並べている。セサミ・ストリートならぬスサミ・ストリートとはま さにこの通りのことだと車のドアロックを確かめながらそう思った。スサミの角を曲がっても、またスサミだった。曲がりかけてヒョット車窓から上を見ると古 いBUDの看板が目に入った。緊張が溶けた、”はきだめに鶴”とはこのことだ。見捨てられた街角には紅一点、美しい50年代のBUDWEISERは輝いて いた。この街が休むことなく働き繁栄していた時代のまま残っている。麻薬なんか体に入れないで、セント・ルイス産のビールを飲みなさい。