92 WONDERFUL VIEW OF CANAL

92 WONDERFUL VIEW OF CANAL 1991年 478×670mm リトグラフ 額装価格: 550,000(税別)Special Edition 650,000(税別)

マイアミは運河の街だ。本当に運河だらけである。人々は挙って運河添いに家を建て、水路に船を置く。木々の枝のように張り巡らせて、増幅し続けていく水路 を船で繋なぐ。運河といえばベネチアという美しい古典的水路もあるが、根元で違っている。ベネチアのそれは生活路であって、陸路活用の必然を水路に置き換 えざるを得なかった結果として成立している。マイアミは生活路ではなく、あくまでリゾート水路なのだ。もちろん陸路も充分に活用されているので、水路に糧 を求める必然など微塵もない。日本だって、運河は生活路であって、リゾート性などほとんどナイといっても過言ではないだろう。「いいなー!いいなー!アメ リカーナはいいよなー!」と少々、ひがんで言いたくなる。で、まあこんな風景がそこいら中にあるわけで、運河の対岸はなんとアメリカーナの普通の人々の 家々なのです。