104 クリスマスを待ちわびる陽ざし

104 クリスマスを待ちわびる陽ざし 1992年 478×670mm リトグラフ 額装価格: 400,000(税別)Special Edition 550,000(税別)

南カリフォルニアのロングビーチにある、ポーツ・オ・コール(フィッシャーマンズ・ワーフ)に11月の訪れたことがある。冬が近いといってもやはりカリ フォルニアは暑かった。フィッシャーマンズ・ワーフの賑わいも夏と比較すると、相当減少しているが、それでも人がまったく来ないわけではなく、わたしに とっては丁度良い具合だ。11月も中頃なのでクリスマスが溢れ、色とりどりのプレゼント商品が賑わいを見せていて、私も子供達の顔を思い出したりした。こ こでは日本のクリスマス商戦のようにバカ騒ぎをしない。あの耳にうるさいだけのクリスマスソングなるものも流されていないのでほのぼのとして、ゆっくりと ショッピングを楽しむことが出来た。この絵柄は、このポーツ・オ・コールののんびりショッピングの途中に見つけた美しい冬の空間なのだ。建物に賑やかに映 り込んでいる木々は、冬なので落葉していて枝だけの乱舞だが、それが尚更美しさを強調していて心地良い。静かでも充実したひと時が、ここにあった。